人生で"喜"の感情を探す嗜好サイト

嗜好人.com

禁煙できない理由

禁煙宣言 禁煙前

タバコをやめられない人の巧みな理由付け22選を解説!(後編)

更新日:

今回は
タバコをやめられない人の巧みな理由漬け22選を解説!(前編)
の続きです。

喫煙者はいつの時代も、男性でも女性でも
禁煙できない時に発する言い訳は同じようなモノですが
このページでは前編同様

良く聞く巧みな理由漬け
ちょっと特殊な理由漬け

そして私自身が
何故今すぐ禁煙開始しないのか
そんな私も含めた喫煙者たちの巧みな理由漬けを紹介しています(^^;)

スポンサーリンク







タバコをやめられない人の巧みな理由漬け

タバコをやめられない理由
前編では
1 ストレス
2 お酒
3 太る
4 楽しみ
5 病気
6 職場
7 失恋
8 税金
9 1000円になったら
10 ニコチン
11 癖
まで紹介してきました。

よく聞く巧みな理由漬け~続き

タバコには古くから続く歴史がある

理由⑫歴史
「タバコには古くから続く歴史がある。
タバコが悪いモノならばもうとっくに滅びてるはずだ」

タバコは確かにマヤ文明から存在している嗜好品として有名です。

そして世界中にその存在が広まったのは
コロンブスが新大陸を発見してその土産として
アメリカからヨーロッパに持ち帰ったからと言われています。

簡単に計算しても500年以上も昔から存在していたタバコです。
その伝統にあやかって禁煙できない言い訳にする人も確かにいます。

私のおじです(笑)
私がまだ幼き頃、タバコを吸うおじに
「おじちゃんは何でタバコを吸ってるのぉ?身体に悪いんじゃないの?」と

ただの興味本位で聞いてみたところ

おじ「タバコは昔から一つの文化としてあったんだよ
昔から色んな人たちに愛されてきたんだ。おじちゃんもその一人なんだよ」
と言っていたのを何故か覚えています。

いま思えば…だから何なのでしょうね(笑)

※タバコ自体の歴史は古いですが
一般的に普及している紙タバコが開発され大量生産されたのは
1845年以降の話で皆さんの手元にあるタバコの歴史は実はまだ浅いのです。

歴史あるものは古き良きモノとして
禁煙できない理由にしてるみたいです。

昔(昭和)の人はみんなバカスカ吸っていた

理由⑬昔の人
「昔(昭和)の人はみんなタバコをバカスカ吸ってたんだよ」

これは上記の「理由⑫タバコの歴史」に似ている言い訳ですが
もっと身近な昔からある文化として使われていますね。

私も昔,友人に「タバコは身体に悪いから心配になる」と言ったところ

「昔の人がどれだけ吸ってたと思う?み~んな吸ってたんだよ?」
と言われて何故か何も言えなくなった記憶があります。
(当時私はまだタバコを吸っていなかった)

また似たような話で最近人気沸騰中で実写化もされた
「暗殺教室」の前作「魔人探偵脳噛ネウロ」という漫画のワンシーン

路上喫煙を過剰に注意された悪役が言った台詞
「昔は排気ガスモクモク、公害の中で育った子供たちも
今じゃ元気なご老人になっている。(副流煙なんか)関係無いんだよ」
と言っていたのも思い出します。

確かに排気ガスモクモク、色んな公害、
タバコバカスカ吸っていた世代の人たちが
日本人の平均寿命を更新しまくっていますものね

医学の発達というのも平均寿命を延ばしている
大きな要因だと思いますが…

それより下の禁煙ブームの
私たち世代はもっと平均寿命が延びるんですかね?

タバコは1mgを吸っているから大丈夫

理由⑭1mg
「タバコは1mgにしたから(健康的に)大丈夫」
「軽めのタバコに変えたから大丈夫」

タバコのタールを低くすれば
タバコの害も低くなると思っている人は多いですが…
軽いタバコの方が身体に悪いと言う説もあります。

フィルターの空気穴が軽いタバコには多いため
その分空気量が多くなってタバコの煙が少なくなる

それに満足できず本数が増えたり
深く吸ってしまったりしてしまうので
結果的にタバコの害の軽減にはならないみたいです。

※1mgでも10mgでもフィルターのみが違うだけで
タバコの葉の量は変わらないのです。

吸いすぎてないから良い

理由⑮吸いすぎてない
喫煙OK
「タバコもちょっとぐらい良いですよね。吸いすぎなければ」

これはスラムダンクの作者、
井上雄彦さんの「REAL」という漫画で看護婦さんが
喫煙所で患者の母親に向けて言った台詞です。

………確かに良いですよね。吸いすぎなければ
としかこの場合言えないですね(笑)

嗜好品として,人生の楽しみとして
たまに吸うぐらいなら誰も文句言えません。

なんでやめなきゃいけないの?

理由⑯そもそもやめる気がない
「え?なんでやめないといけないの?禁止もされてないのに」

この言い訳(?)をする人は
そもそもタバコをやめるという事が頭に無い人です。

人に迷惑を掛けない、ポイ捨てをしないなどの
マナーを守る人ならこの場合も何も言えませんね。

やめようと思えばいつでもやめれるし

理由⑰いつでもやめれる
「タバコを昔2年やめた事がある。
だからまたやめようと思えばいつでもやめられる」

「ずっとタバコをやめていたから
禁煙しようと思えばいつでもやめれる」

この言い訳は一度長期に渡って
禁煙できた人が良く使う言い訳です。

私の周りにも二人ほど思いつきますが
一度禁煙できた!という経験がやめようと思えば
いつでもやめれるという自信に繋がっているんでしょうね。

タバコをやめられないんじゃなくて
タバコをやめないだけだと彼らは自信を持って言います。

実際のところどうなんでしょうね?
本当にもう一度禁煙できるのか実証してほしいものです。

じいちゃんはタバコを吸ってたけど90歳まで生きた

理由⑱じいちゃんばあちゃん
じいちゃんばあちゃん
「うちのじいちゃん(ばあちゃん)は昔から
ずっとタバコを吸ってたけど90歳まで生きたよ」

これもよく聞く禁煙できない理由の一つですよね。
タバコを吸いながらも長生きした実例として
自分の身近な人物を引き合いに出せるので
そのDNAを継ぐ自分も大丈夫だろうと思える理由になるのでしょう。
(DNAまでは思っていないかも知れませんが)笑

私のじいちゃんは身体を壊してタバコをやめましたし
糖尿病も患ってたのでDNA的には大心配です(笑)
それでも94歳まで生きてくれましたけど。
じいちゃんばあちゃん大好きです。

ちょっと特殊な理由漬け

ここからはタバコをやめられない人の
ちょっと特殊な理由漬けを紹介していきます。

タバコに実はそんなに害は無いよ

理由⑲害はない
「タバコに実はそんな害は無いよ。
だってタバコを吸ってる人でも長生きする人はするし
吸ってない人より健康な人もたくさんいるじゃん。」

この「タバコに害は無い」という説は
「そんなバカな話があるか!医学的にもタバコの害は
たくさん発表されているじゃないか」と思う人が大部分でしょう。

しかしネット上で「タバコ 害」と検索すると
タバコの害は有ると言う記事と
タバコの害は無いという記事が半々になるぐらい
害が無いと言う意見もあります。
(6:4ぐらいです)

これは私も意外でした。

別の記事
タバコの害~悪いのは知りすぎてるけど…具体的な害数と3大有害物質」で
タバコの害に関する記事を作成するにあたりネット上でタバコの害などを
色々調べようと検索してみると

タバコには実は害が無いという
記事も上位に表示されていたので少しビックリしました。

「タバコ 害」で検索すれば
ほぼ全てタバコはこんなに身体が悪いよと
ボロクソに書かれた記事ばかりだと思っていたので。

愛煙家の方が書かれた記事なのですかね?

害が無いと言い切るのはさすがに無理があると思いますが
喫煙者の中にはそう言ってタバコをやめない強気な方もいます。

天才のアインシュタインも吸っていた!

理由⑳アインシュタイン
アインシュタイン
「あの天才のアインシュタインもタバコを吸っていたんだぜ
だからタバコが脳の働きを悪くするとか知能指数を悪くするとかも嘘なんだよ」

タバコは脳にも悪影響を及ぼすので喫煙者は生産性が悪い!
など今の社会ではささやかれるようになりました。

そんな通説を疑わしく思わせてしまうのが
この「天才アインシュタインもタバコを吸っていた」でしょうね。

アインシュタインもタバコを吸ってたけど
世界一の頭脳の持ち主と言われている。
↓↓↓
脳に悪影響は嘘
↓↓↓
だからタバコの害も嘘が多い
↓↓↓
タバコをやめられないのはそんなに悪い事ではない

というサイクルに繋がるのではないかと思います。
喫煙者には心強い実例ですね

世界一長生きした人も喫煙者だった!

理由21 世界一の長寿

「世界一長生きしたとしてギネス記録に載った
ジャンヌ・カルマンはタバコとワインとチョコレートが大好物」

この禁煙できない理由漬けは
今までのいくつかの理由に似通ったところがありますが
タバコの害を否定したい人には持ってこいの言い訳でしょうね。

人類史上もっとも長生きした人が喫煙者だった」と言われてしまうと
(117歳まで喫煙者だった)

タバコには200種類以上の有害物質があって
50種類以上の発ガン物質があるという事実も
喫煙者には薄れてしまうのではないかと思います。

私の巧みな理由漬け

言い訳
私はあと99日(年内)で禁煙します(禁煙しました)。
(2017年9月23日宣言)

ここからは禁煙前の私の巧みな言い訳ですが良かったらみて下さい(^^;)

それを前提に,ここで恐縮ながら…
何故私がすぐタバコをやめられなかったか
巧みな理由漬けをさせて頂きたいと思います(_ _)

禁煙してタバコに思考を奪われるのは今は勘弁

理由22 思考を奪われたくない

ワタクシ事ながら最近転職しました。
それまでは身体を使う仕事が多かったのですが
転職した先の仕事は見事なまでにデスクワークでして
一日中,パソコンの前で頭をこねくり回しながら

自分が今できることは何か?
どうすれば会社に貢献できるのか?
何をすればうまく仕事が回るのか?

…などまだまだ慣れない職場でキレイ事抜きで
雇ってくれた会社に感謝の気持ちを持って
自分にできる事を…頭をこねこね回しながら過ごしています。

会社の仕事自体は成果主義でして
自分でやる事を結構自由に決める事ができる職場です。
(社長は仕事の方向性はきちんと示してくれます)

上司からの圧力や仕事中の監視も全然されていません。
(その分プレッシャーも掛かりますが)

だって自分でやる事決めて
それで成果が出なければ私が90%悪いのですから(汗)
そして結果を出せなければ給料も上がらないのですから(T_T)

…なので毎日仕事が終わっても家で勉強など
今が頑張り時であり自分が成長できるチャンスの時なのです。

そして,ここで本題ですが、
そんな大事な時にタバコをやめて思考を奪われたくないのです。

そぅ一日たりとも無駄にしたくないんです。
今は一日一日が大事な時期だと決め付けているので(._.)

残念な事に私は中3…20歳からもう10年以上「タバコ脳」でして
禁煙する事により「タバコが吸いたいぃぃ!」という思考に頭が奪われるのは
今は勘弁して貰いたいです。

慣れない仕事でタバコをストレスのはけ口にもしてるでしょうし
今タバコをやめる事により生まれるイライラとか禁断症状と戦う気になれません。
(戦意喪失です…きっとそんな幾つも自分に課題を与えたら4んじゃいます…)

…なのでじゃあ,いつタバコをやめられるかと自分に問いかけたところ

あと三ヶ月もすれば新しい仕事にも
さすがに慣れて自分のやる事もわかってきている

という結論に辿り着いたので…
今は自分自身に禁煙できない巧みな理由漬けをして納得させました。

要するに
私が今すぐタバコをやめられないのは
新しい仕事に就いて大事な時期に
中3…20歳から続く「タバコ脳」を鈍らせたくないから

という事です(_ _)

病気(十二指腸潰瘍)の再発は怖いので本数は激減していますが…
すっぱりタバコをやめるには至っていないのが現状です。

まとめ

私はあと99日で禁煙します。(やめました)
(2017年9月23日宣言)

これまでタバコをやめられない人の
巧みな理由漬けを前編、後編にわけて解説してきました。
(前編)
1 ストレス
2 お酒
3 太る
4 楽しみ
5 病気
6 職場
7 失恋
8 税金
9 1000円になったら
10 ニコチン
11 癖

(後編)
12 歴史
13 昔の人は…
14 1mg
15 吸いすぎてない
16 そもそもやめる気がない
17 いつでもやめられる
18 じいちゃんばあちゃん
19 害はない
20 アインシュタイン
21 世界一の長寿
22 私が今すぐ禁煙できない巧みな理由漬け
(思考を禁煙症状に今は奪われたくない)

夫や彼氏、嫁さんや彼女から聞いた事のある理由はありましたか?(汗)

タバコをやめられない人は巧みに理由漬けをしながら
現代の禁煙ブームの波と戦っているんですよね。

<参考~私が親友に電子タバコをおすすめするなら…>
電子タバコおすすめランキング
ランキング形式で紹介しています(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







-禁煙宣言, 禁煙前
-, ,