人生で"喜"の感情を探す嗜好サイト

嗜好人.com

禁煙宣言

禁煙宣言 禁煙前

[禁煙宣言]あと99日で大好きなタバコをやめてしまおう!

更新日:

禁煙マーク

「禁煙したい!」

ここ数年の禁煙ブームで
そう思う愛煙家の人も多いのではないでしょうか?
喫煙者に対する世間の冷たさは年々高まっており
「禁煙」の二文字が頭をよぎる人も多いと思います。

でも吸ってしまうんですよね。

私もタバコ大好き人間です。
仕事や遊びの合間にタバコを吸うのは
もはや当たり前であり至福の時間です。

これはもう中3…20歳から当然の事でした。

ほっとするんですよね…仕事終わりや休憩中の一服は。
明らかに"喜"の感情が生まれます。

「今日も仕事が終わった」
「やっと休憩だ!一服しよう」
「ちょっとそこのドトールでタバコ吸おうや」

…何かの合間にタバコがくれる
小さな幸福感は私も体験しまくりました。

でもやめます。

私はあと99日で禁煙(卒煙)して
それによって得られるであろう新たな世界
身体の変化であったりタバコありきで過ごしている
日常の世界の変化を楽しみたいと思っています。
(2017年9月23日宣言)

要するに今年いっぱいでやめるって話です(笑)

このブログでは年内は
大好きなタバコの嫌なところを一所懸命に探し当て…w

100日目からは…
禁煙して起きる身体的・精神的なメリットなどを
実体験を元に時系列で書いていこうと思っています。

なるべく毎日or2,3日に
1記事は書いていきます。

なぜ禁煙しようと思い決意したのかは長くなるので
また別の記事で詳しく紹介させてもらいますが
とりあえずこのページでは

・禁煙に挫折し続けた私の日々

をまず書いていきたいと思います。

喫煙者の人なら吸ってしまった気持ちやその弱い心を
わかってもらえるんではないかと少し期待しながら
今までの「禁煙失敗談」を書かせてもらいます。

良かったらご覧下さい(_ _)

嫌煙者の方はバカだなと思いながら
(できれば優しい気持ちで)読んでください(汗)

※99日とか言わずにすぐにやめろや!と思われた方は
喫煙者が良く使う「タバコがやめられない巧みな理由付け」という
記事に私がすぐに禁煙しない(できない)言い訳をさせてもらっているので
よろしかったらそちらをご覧下さい。。。

タバコをやめられない人の巧みな理由付け22選を解説!(後編)

スポンサーリンク







そもそもタバコを吸い始めたキッカケは?

タバコを吸い始めたキッカケは

・好きなロックミュージシャンが吸っている姿に憧れた
・周りの友人が吸っていたからタバコが始めやすかった
この2点です。

好きなロックミュージシャンが吸っている姿に憧れた

ロックミュージシャン

誰とは言いませんが昔も今もカッコイイ
ミュージシャンのHさんがタバコを吸っている姿が
かっこ良くて影響された部分はあります。

まぁその人だけに関わらずロックミュージシャンは
酒もタバコも好き放題!自由奔放な生き方をしている!
というイメージがありますよね。
(実際は堅実で真面目な人が多い)

私も音楽が好きでロックミュージシャンに憧れて
背伸びしてタバコを吸い出したというのが
きっかけの一つ目です。

そう考えるとテレビの影響って凄いですね。
それらの影響を踏まえて禁煙ブームの昨今では
テレビでタバコを吸うのは禁止されていますよね。
非常に良い事だと思います(笑)

周りの友人が吸っていたからタバコが始めやすかった

私は誰かと一緒に興味本位で吸い始めたとかでは無く
周りの友人数名がいつの間にかタバコを吸っていて
自分もそれに便乗したカタチになります。

いくら好きなロックミュージシャンが吸っている姿に
憧れたと言っても自分一人だけではタバコを実際に吸おうという
考えまでには至らなかったと思います。
(そんな勇気も無かったでしょう)

別に「私がタバコを吸ってしまったのはそいつらのせいだ!」
とその友人らを恨んだりもしていませんし人のせいにする気も
ありません。自己責任ですよね。

今でも付き合いのある大切な大切な友人ですが
私がタバコを吸うキッカケの一つになったのは確実です。

なので今度会ったら賠償金を…

というのは冗談ですが、そう考えると
人はやっぱり身を置く環境って大事だなと思います。

話を肥大させるとニュースなどでも
「配偶者がクスリをやっていて気づいたら自分も」
などの話も良く耳にしますし。

人は過ごす環境に少なからず影響され感化されてしまう
生き物なので付き合う人間もきちんと選ばないといけませんね。

自分がタバコを吸い始めたキッカケを思い出したら
そんな事まで考えてしまいました。

まぁ私の友人にはクスリに手を出すバカはいないですし
(いたら全力で止めさせます)
ちゃんと物事の分別はできる人間ばかりだと思っていますが

タバコに関しては若気の至り、早く大人になりたい
背伸びしてかっこ良く見せたいなどの思春期特有の
ツッパリ精神があったとしてご了承下さい(_ _)

生まれて初めてタバコを吸った日

生まれて初めてタバコを吸った日の事は良く覚えています。
強くも無く弱くも無い普通の雨の日でした。

その日はいつも会っていた友人とお菓子なるものを
買いにプラプラ歩いてコンビ二に向かっていました。

友人は私よりもずっと前から喫煙者で
その日もポケットにタバコは常備されていました。

私は別にその友人がタバコを吸っていようが
自分も吸いたいとは長い間思っていなかったのですが

時期的に⇒自分も音楽が好きで音楽がやってみたい
そして好きなロックミュージシャンは大体喫煙者だ
音楽やるならタバコを吸い始めて良いかも

という今思えば可愛くもズレた発想をしてしまい
コンビニの帰りに自販機でタバコを買いました。

銘柄もはっきり覚えていて
「マイルドセブン3mgロング」でしたね。
(今はメビウスという名前に変更)

そしてその友人と一緒に

生まれて始めてタバコを吸いました。
あまり時間を空けずに4本続けて吸いました。

そしてそのまま友人宅にお邪魔したのですが
倒れる
…倒れました。
(30分ほどして目覚めて自分の家に帰りました)

禁煙に挫折した15年の軌跡

そんなこんなでタバコを吸い始めて
(倒れたくせに)
それからどっぷり喫煙生活にはまっていくのですが
中3…20歳から今に至るまで実に15年近くの間
ずっと順風満帆に喫煙者を続けてきたわけではありません。

タバコをやめようと決断した事も幾度と無くあります。
はっきりとしたキッカケはうろ覚えで申し訳無いのですが

禁煙することによって
・思考回路が良くなるんじゃ無いか?
(タバコは脳に悪いと言われている為)

・身体が軽くなるんじゃないか?
(運動などでもっと動ける)

・生活にメリハリができるんじゃないか?
(上記2点の効果が得られれば)

・もっと前向きに人生過ごせるんじゃないか?

などが禁煙しようと思ったキッカケだったと思います。
タバコ代が浮くなどの金銭面や食べ物が美味しくなるなどは
あまり私には重要な禁煙理由では無かったんですよね。

どちらかと言えば禁煙する事によって
思考回路が良くなり、身体も軽くなり
もっと人生を前向きに生きられるかもという
「心」が生まれる事の方が私には重要だったんだと思います。

…そして幾度と無く禁煙失敗してきました。

禁煙失敗談①~パイポも電子タバコも駄目

まず禁煙しようとして思い付いたのが「パイポ」です。
昔はどこのコンビニでも売られていたので
真っ先に「禁煙=パイポ」という考えに至りました。

色んな香り(レモンやミント)が含まれていて
タバコをやめる事による口寂しさを紛らわせてくれるのが
パイポの最大の良さですが、口に何かをくわえて微かに香る
レモンの匂いを嗅いでいるだけでは満足できず
私には禁煙効果が無かったです。

それならばと
電子タバコを購入し試してみました。

(私が購入した当時の電子タバコ市場は
まだそれほど需要が無くアイコスなどのような
高性能なモノは売られていませんでした)

プラスチックでできた硬い吸い込み口を
冷たいなぁと思いながら口にくわえ、
「本当に煙が出てるのか?」と思えるような
微量の煙を吸っては吐き出し、すぐに電池切れ…

私がそれに満足できず
昔、愛したタバコと寄りを戻したのは
容易に想像できそうですね。(禁煙失敗)

禁煙失敗談②~禁煙外来は頑張ったけど…

禁煙の為に病院に通った事もありました。

丈夫に産んでもらっている為
病院に行く事も年に数回程度だったのですが

禁煙成功を願って,最近良く耳にする
「禁煙外来」を受けた事もあります。

まず
「何年吸っていますか?」
「一日何本吸いますか?」
「何かアレルギーはありますか?」

などのアンケートを記入し
その後お医者さんの面談を受けて
禁煙する為のプランをたてました。

始めは一週間毎に来院して
検査をして薬を貰うというサイクルでした。

検査とは「スチーム吸入器」のような
検査装置に息を吐き,その二酸化炭素濃度を
測定するといった検査です。

それを毎週行って二酸化炭素濃度が
減っていればきちんと禁煙できていると
お医者さんや看護婦さんに褒めてもらえるんです。

そして薬は私の場合始めは
「チャンピックス錠」という禁煙薬を貰いました。

小さな錠剤でそれを飲む事によって
タバコが吸いたくなくなるといった効果が得られるんです。

禁煙外来

「あれ?ニコチンパッドじゃないんだ」
と最初は少しとまどった覚えがありますが
最近禁煙外来で処方されるのはチャンピックス錠だと
言われたのでそのまま何日か飲んでいました。

そして案の定、私には飲み薬だといまいち効果が感じられず
ニコチネルにという貼り薬に切り替えてもらいました。

お医者さんによってはどちらか選べるみたいです。

2週間は円満に禁煙外来に通う

禁煙外来に通って始めの
2週間は禁煙できていました。

検査である息の二酸化炭素濃度も減っており
年配の看護婦さんに褒められた覚えがあります。

最初の2週間は
「自分は禁煙外来に行ってまでタバコをやめようとしている」

という意識もあったので
何とか吸わずに耐えれていたのですが

3週目に差し掛かった時に
ある事件が…

禁煙外来3週目の事件

禁煙外来3週目にして起きた事件とは

「働いていた職場から急な異動(ヘルプ)を命じられ
自分の慣れていない職場に異動させられた事件」です。

これはきつかったですね…

急な異動を命じられるぐらいなので
異動先の職場は大変困窮した状態であり
経営状態を立て直すのに必死の状態でした。

そんな中,全然知らない人たちと
コミュニケーションをとり
残業当たり前の仕事をしていくのは
私にとってもストレスの増える環境でした。

ただでさえ禁煙して
タバコを我慢している状況なのに
職場での長い労働時間に対する我慢も
慣れない人との関係性に対する我慢も
必要になってしまい…

ストレスのはけ口として
タバコを吸ってしまいました。

禁煙失敗の言い訳としては
あるある話でしょう?(汗)

禁煙外来4週目~吸ってしまったけど

3週目に職場異動事件が起こり
タバコを吸ってしまいましたが

その後も禁煙外来には行きました。

検査でバレないように前日は2~3本の
タバコで我慢して病院に行く前も吸わないで
必死に「禁煙続けてますよ~」という
嘘を貫こうとしましたが

二酸化炭素濃度は正直で
きっちり前週より数値は上がりました。

年配の看護婦さんに
「あれ~(二酸化炭素濃度が)上がりましたねぇ?」

と責められるわけでもなく
けなされるわけでもなく
淡々と言われた事を思い出します。

そして
「タバコ吸ったと思われてるんだろうなぁ…」
と嘘を貫こうとした自分が恥ずかしくなり

かと言って今の職場環境で
再びタバコを我慢できるとも思えなかったので

…4週間で禁煙外来に行くのをやめました。(禁煙失敗)

禁煙失敗談③~禁煙セラピーを熟読する

私の友人の先輩の方で禁煙に成功した人がいました。

禁煙成功の理由は「禁煙セラピー」

この有名な禁煙本で友人の先輩は
ヘビースモーカーから禁煙者になりました。

禁煙セラピー

禁煙されてから何回かお会いした時に

「タバコなんか本当に意味無いよ!早くやめや!」

と叱咤激励されましたが、
当時は禁煙する気は微塵も無く

「でも○○さん、私ぐらいの歳ではバンバン吸っていたでしょ?
なので私はまだやめないですよ~」
と返答して自分を納得させていた覚えがあります。

そして月日がたち、
自分も禁煙しようと思いたちこの本を購入して

毎日持ち歩き電車でも読んで
仕事から帰っても読んで
吸いたくなったら読み返してを繰り返し…

無事、禁煙できませんでした。

挫折理由は忘れました…すいません。

(私は禁煙できませんでしたが本の内容は素晴らしいです)

まだある!禁煙失敗談~友人に殴られる

これまで書いてきた禁煙の試みは
自分の中でも思い出せる大きな禁煙失敗談ですが

その他にも小さな禁煙失敗話なら
枚挙に暇がありません。

その内の思い出深い禁煙失敗話を
一つ書かせてもらいます。

友人に殴られる

昔、私は友人に
「今日から禁煙する!」と決意を伝えました。

禁煙理由は当時受けようと思っていた資格試験があり
勉強の効率化(脳の健全化)を目指して決意したのです。

そして友人もその決意を優しく受け止めてくれました。
その時のやり取りです
↓↓↓

筆者
「タバコやめるわ」
「なんで?」
筆者
「ちょい試験に向けて頑張りたいから」
「タバコ関係あるん?」
筆者
「脳には悪影響らしいから」
「そうか。ほんまにやめるんやな!?」
筆者
「おぉやめるわ!」
「絶対やな!?無理やったら罰として顔面殴るからな!?」
筆者
「おぉ殴れや!」







ボクシング
…その二日後に殴られました。
(その後吸ったPiece10mgの味はもう忘れました)

そしてその甲斐もあってか
試験には無事合格しましたよ。
まさに血と涙の栄光です。

殴られた時クチの端が切れましたからね。

こんな熱血体育会系のような
友情禁煙失敗談もありました。

禁煙失敗の常套句~主な言い訳

禁煙できない人には
大体共通する常套句~言い訳があります。

主な例としては

・仕事でストレスがたまる

・他に楽しみがない

・家庭内で嫌な事があった

・自分はやめていたが周りが吸っていて,つい…

・仕事が(イライラで)はかどらない

・新しい環境になって不満がたまる
(私もこのパターンでした)

・お酒の席で吸いたくなった

・ご飯の後に我慢できなくなった

・暇なときに吸いたくなった

大体みんな同じような理由で
禁煙が続かないんですよね。

私も何度かこの常套句たちに
助けられています。

禁煙宣言~まとめ

私はあと99日で大好きなタバコをやめますやめました。
(2017年9月23日宣言)

繰り返しになりますが
このブログでは年内は
大好きなタバコの嫌なところを一所懸命に探り当て

100日目からは
禁煙して起きる身体的・精神的なメリットなどを
実体験を元に書いていこうと思っています。

ただその前に今まで禁煙を決意して
失敗してきた日々を思い返そうと
このページでは禁煙失敗談を書いてきましたが…

本当にこんな奴が禁煙できるのか?
と思われた方も絶対にいると思います。

私自身も書いていて
「これでタバコをやめると言っても信じてもらえなさそう」
という不安に襲われながらも

今まであった禁煙失敗談を赤裸々に書いてきました。
(喫煙者の方なら共感してもらえる部分も
少なからずあるのではないかと信じています。)

私が禁煙できると思っている理由や
禁煙しようと思ったキッカケなども
ちゃんとあるのですが

それは別ページで紹介してますので
もう暫くお待ち下さい(_ _)

とりあえず今回は
あと99日で大好きなタバコをやめよう!

という禁煙宣言をさせてもらいました。

なので
・こいつは本当に禁煙できるのか?
・もしできたらどんなメリットが生まれているのか?
・なぜ禁煙成功できたのか?

など興味が沸いた人は
またこのサイトをのぞいてみて下さい。

それでは今回はこれにて失礼します。

<参考~私が親友に電子タバコをおすすめするなら…>
電子タバコおすすめランキング
ランキング形式で紹介しています(^^)







-禁煙宣言, 禁煙前
-, , ,