基本操作

GIMPで画像編集~迷子になった犬の運命は?GIMPの面白いツールの使い方

[st-kaiwa-44]GIMPで画像に面白い装飾を行なえる操作方法をご紹介![/st-kaiwa-44] GIMPには無料とは思えないほど実に多彩な画像装飾機能が備わっています。

ただ…私はLINEスタンプを作成する時は色んな機能を使用させてもらいましたが,SEOブログでは…ほぼ1つの装飾ツールしか使用していません(^^;)

今回はその1つの装飾「古い写真」という機能に焦点を当てた記事です。

GIMPで画像を装飾していく操作方法を見ていきましょう(^^)

使用頻度 レビュー記事に多い
操作難易度 覚えるだけかと…
利便性 画像を変化させ記事に強弱を付けられる

GIMPの装飾機能~古い写真

GIMPで画像を"古い写真"にする時は?

  • 画像続きのレビュー記事の作成時
  • 記事に少しの変化を加えたい時
  • プチ物語風の記事を作成したい時

GIMPで画像を"古い写真"にするメリットは?

  • 画像に強弱が付けられる!
  • 単なる画像続きの記事よりも面白みが増す(はず)!

操作の流れ

※今回は私が昔作成した4つのLINEスタンプ画像を使用していきます。
GIMPで画像編集~装飾

step
1
ファイル(F)からレイヤーとして開く⇒対象の画像を選択

GIMPで画像編集~装飾
GIMP上部にある「ファイル(F)」をクリックし「新しいレイヤーを開く」⇒対象の画像を選択します。

step
2
対象の画像が開かれる

GIMPで画像編集~装飾
対象のレイヤー画像が開かれました。

step
3
フィルター(R)をクリックし装飾(D)⇒古い写真(O)を選択

GIMPで画像編集~装飾
GIMP上部にある「フィルター(R)」をクリックし「装飾(D)」⇒古い写真(O)を選択します。

step
4
詳細設定画面にてチェックを入れる

GIMPで画像編集~装飾
"古い写真"の詳細画面が出てくるので「コピーで作業する」にチェックを入れOKをクリック。

step
5
別ウィンドウにて編集ページが作成される

GIMPで画像編集~装飾
別ウィンドウにて"古い写真"が適用された編集ページが作成された。

※「コピーで作業する」にチェックを入れてない場合,同じ編集ページにて"古い写真"が適用されます。

ココに注意

「コピーで作業する」にチェックを入れていない場合,それまで作業していた編集ページにて"古い写真"が適用されますが「各レイヤーが1つに統合される」という事態が発生します。

編集作業がそれで完了ならば良いのですが,引き続き画像編集を行なう場合,再び各種レイヤーを開くという手間が発生します。

作業履歴で元には戻せますが「まだ作業したかったのにレイヤーが1つになっちゃった!」という事が(私には)多々あるので…念には念をで「コピーで作業する」操作方法をご紹介しますね(^^;)

step
6
別ウィンドウにて選択(S)⇒全て選択(A)をクリック

GIMPで画像編集~装飾
別ウィンドウにて「選択(S)」⇒「全て選択(A)」で"古い写真"が適用された画像を選択する。

step
7
別ウィンドウにて編集(E)⇒コピー(C)をクリック

GIMPで画像編集~装飾
再び別ウィンドウにて「編集(E)」⇒「コピー(C)」をクリックし"古い写真"が適用された画像をコピーします。

※別ウィンドウの作業はこれで終了です。

step
8
元の編集ウィンドウに戻り編集(E)⇒貼り付け(P)をクリック

GIMPで画像編集~装飾
元の編集ウィンドウに戻り「編集(E)」⇒「貼り付け(P)」をクリックします。

step
9
"古い写真"画像が作成された

GIMPで画像編集~装飾
"古い写真"画像が貼り付けられました。

※レイヤー(L)にて「新しいレイヤーの生成(N)」をクリックする必要あり!!

<完成画像>
GIMPで画像編集~装飾
(工程修了)

思わず見落としガチ!?新しいレイヤーの生成

上記のステップ9にて対象のレイヤーを貼り付けしました。

ここで注意点なのですが「貼り付け」した画像は「レイヤー(N)」⇒「新しいレイヤーの生成(N)」をクリックしないと次の編集作業ができないという事態が発生します。

「貼り付け」直後の編集画面
GIMPで画像編集~装飾
レイヤーにて「フローティング選択範囲(貼り付けられたレイヤー)」という項目が追加されます。
GIMPで画像編集~装飾
GIMPの上部画面にある「レイヤー(L)」⇒「新しいレイヤーの生成」をクリック。
GIMPで画像編集~装飾
レイヤーとして認識されました。

これは「画像をコピー」して「貼り付け」を行なったときに発生する作業工程です。

この「新しいレイヤーの生成」をクリックしないと次の編集作業ができません。

私がまだGIMPを使い始めたばかりの頃,「貼り付け」作業を行なった後で次の編集作業ができず,だいぶ苦労した覚えがあります(^^;)

私のGIMP指南書の読み方が悪かったのでしょうけど「新しいレイヤーの生成」をクリックしてレイヤーを認識させるという記載があまりにもサラッと書かれていて,そこまで重要な操作では無いと思ってしまいました。

「新しいレイヤーの生成」というネーミング自体も,いまいち何ができるのか思い浮かばないですし…(愚痴ってます)笑

「新しく貼り付けたレイヤーを認識させる」というネーミングだったら,すぐに私も気づけたかもですね(^^;)
[st-kaiwa-44]とにかく!画像を「貼り付け」したら「新しいレイヤーの生成」をクリックしてレイヤーを認識させるという作業工程は覚えておきましょう!

画像を「貼り付け」したら「生成」です![/st-kaiwa-44]

今回の使用例

今回"古い写真"を適用させた画像の使用例です。

<使用例>
GIMPで画像編集~装飾
バーコード親父さんと可愛いワンちゃんが遊んでいました。
GIMPで画像編集~装飾
熱くなった親父さんがボールを遠くまで投げすぎました。
GIMPで画像編集~装飾
探しに行ったワンちゃんは迷子になってしまいました。
GIMPで画像編集~装飾
ワンちゃんの運命は如何に!?

※テキストにて文字を付け加えています。
GIMPで画像編集~装飾
無事に親父さんと再会できました♪

このように画像に変化を付けて使用できます。

実用例としてはSEOブログやアメブロなどで新しい化粧品を使用して「3ヶ月経過後のお肌は如何に!?」といった画像などに使えるかもです。

<アメブロなどで…>
GIMPで画像編集~装飾
新しい化粧品を使い始めました。
GIMPで画像編集~装飾
新しい化粧品を使い始めた私の3ヶ月のお肌は!?
GIMPで画像編集~装飾
とてもきれいになり満足しています♪

などなど連続する画像に変化を付けたい時に"古い写真"は役立つと思います。

他にも面白い装飾が盛りだくさん!

GIMPには上記で紹介した"古い写真"以外にも面白い装飾が選択できます。

GIMP上部画面にある「フィルター(R)」をクリックすると実に様々な画像加工・編集が可能です。

…がありすぎで紹介しきれません(^^;)

ただLINEスタンプ作成時には色んな画像編集ツールを使用しましたがSEOアフィリなどのブログでは"古い写真"ぐらいしか使用していないので,今回はそれに焦点をあててご紹介させてもらいました。

一応他のツールを使用した例を載せておきますね。

漫画風にする

写真
「フィルター」⇒「芸術的効果」⇒「漫画」

イラスト画像よりも写真に使用できるツールだと思われます。

油絵化する

油絵化
「フィルター」⇒「芸術的効果」⇒「油絵化」

絵が下手くそな小学生の落書きのようなイラストになります。

コーヒーの染みを付け足す

コーヒーの染み
「フィルター」⇒「装飾」⇒「コーヒーの染み」

GIMPにはどういうわけかコーヒーという飲み物限定の装飾ツールがあります。

最近私は食べるラー油を買いたての白いズボンにこぼしました。

きらめきやグラデーションフレア

グラデーションフレア
「フィルター」⇒「照明と投影」⇒「グラデーション効果」

きらめきやグラデーションフレアは画像や写真にインパクトを与えられるアレンジ機能です。

私もラインスタンプでよく使用しました。

対話的歪め

対話的歪め
「フィルター」⇒「変形」⇒「対話的歪め」

いじっているとなかなか面白いツールです。

好きではない相手がいたら顔を歪めてやりましょう。

ページめくり

ページめくり
「フィルター」⇒「変形」⇒「ページめくり」

ブログなどで話の展開的に次へ進む時に使えそうなGIMPの機能です。

私も今見つけて,使えそうなツールだなと再発見した気分です。

まとめ~GIMPの面白いツールの使い方

今回はGIMPで使えるGIMPの面白いツールの使い方を紹介しました。

本当に無料とは思えないほど画像編集・加工がGIMPでは可能です。

色々触って画像をいじくるのも様々な発見に繋がり面白いと思いますよ(^^)







-基本操作
-, ,